イグニス(IGNIS)の森
About kiki Make up Skin Care Treatment Access Q&A

 
No.141

肌が弱く(?)て悩んでいます。メイクをするときや、ちょっと擦った時など薄い皮がめくれたようになります。普段のケアは化粧水だけですが、それが原因でしょうか?それとも、そんなに気にすることではないのでしょうか?


肌は一枚の膜のように見えますが、基底膜という部分を境に表皮と真皮に分かれます。その表皮の一番外側を角質層と言い、角質層をつくる角質細胞は外からの刺激物の侵入や、内からの水分流出を防ぐ大切なバリアの役割を果たしていますが、それは絶えず新しく生まれ変わっていきます(肌のターンオーバー)。
このように、健康な肌は皮膚表面の正常な代謝サイクルによって”垢落ち”という形で生まれ変わりますが、角質層の水分不足や、様々な刺激が重なると、未成熟な角質層をつくり結果、薄皮のめくれなどの症状となって現れます。
まず、荒れた状態の角質層にうるおいと柔軟性を与え、恐らく不足していると思われる細胞間脂質(油分)とNMF(天然保湿成分)を乳液などで補う必要があります。
そして、角質層の生まれ変わりのリズムを整えるために、古い角質を毎日の洗顔で丁寧に落としてください。
さらには、表皮にも十分な酸素や栄養を行き渡らせるため、つまりリンパや血液の循環をよくするためのマッサージ等も加えると一層効果的でしょう。

No.118

このごろ肌が少し敏感で、化粧品を変えたわけでもないのに、少しブツができ、かゆみがある時もあります。お手入れはしばらく止めた方がイイのでしょうか?


今お使いの化粧品で初めてそういう状態になったのであれば、おそらく化粧品のせいではないと思います。
例えば、体が疲れ体調が悪ければお肌の調子も悪く敏感になりますし、精神的なストレスがホルモンの分泌システムに影響を及ぼし、肌の免疫機能を弱めることはよくあることです。思い当たることはありませんか?
このような時には、全てのスキンケアを恐れがちですが、お肌が敏感になっているときは皮脂膜が少なくなり外からの刺激に弱くなっていることが多いので、少なくても最低限のケアは普段以上に必要となります。
まず洗顔は、いつも以上により「やさしく」「丁寧」に。しっかり泡立てて、短時間で洗うとお肌に負担がかかりません。
次に、敏感になっている時お肌は乾燥がちですので、化粧水での充分な水分補給が大切です。また、外的な刺激からお肌を守るためにも、美容液等での保護も忘れないで下さい。
日常生活を見直し、精神的ストレスがなくなっても更に悪化するようでしたら、皮膚科等でのご相談をお奨め致します。

No.108

先日ききさんでイグニスの4スッテプサンプルを頂きました。もともと乾燥気味の敏感肌で、サプリメントウォーターは最初ピリピリ刺激があったのですが、2日目から慣れてきたようで刺激も少なくなりました。
ただ、おでこや、眉毛のあたりが痒くなりだして。この化粧品が合っていないのか?それとも季節の変わり目でいつもの痒みがでてきたのか?
また皮膚科でもらったアトピーの薬を塗りだしたのですが、このままサンプルを使い続けても良いのでしょうか?


ご心配をお掛けし、申し訳ありません。一度サンプルはストップしてみて下さい。皮膚科のアトピーの薬で落ち着いたらまた、少しずつ試してみてください。
そのときでも、化粧水はどうしてもしみると思いますので、まず乳液から2〜3日続けて次は化粧水をプラスしてみて下さい。
アトピーがでるとどうしても肌がより敏感になりますので、治まったあと再び始める時は腕の内側でパッチテストをすると良いでしょう。
寝る前に使いたいものを10円玉位塗ってなじませ、軽くガーゼで固定します。48〜72時間のち反応がなければ安心です。(バンドエイド類はむれますので使わないようにして下さい)
心配でしょうがあせらず・・。その後の状況はまた教えてくださいネ。
化粧品は他にもいろいろありますのでゆっくり探しましょう。

No.106

敏感肌の乾燥肌で、どの化粧水をつけてもヒリヒリします。でも、何もつけないと痒みも増し、夜も眠れないんです。
こういった状態の時はどんな化粧品が良いのでしょうか?


どういう状態の“敏感肌”でいらっしゃるのかは分かりませんので、一般的なお話をしますが、角質層の水分が不足(乾燥)しますと紫外線や摩擦、様々な刺激物に対する抵抗力が落ち、過敏症状を起こします。
化粧水ですのでそうした乾燥し過ぎたお肌につけるときはヒリヒリする場合もあります。乾いて角質表面がソックリ返っている時は、ローションよりもミルク(乳液)をゆっくりなじませてはいかがでしょうか。
まずは悲鳴をあげている角質をミルクで柔らかくします。一息ついたら化粧水を試してみてください。ピリピリ感も薄らぐと思います。
但し、その時の乳液は、化粧水の前に使う柔軟乳液に限りますので注意してください。
参考までに、エクサージュモイスチャアミルクV、イグニスソフニングミルクU、イグニスサプリメントウォーターなどをお奨めします。

No.101

もともと敏感肌なのですが、特に寒い時期はその傾向が強く、かゆみや赤みが目立ちます。効果的なケアは?


「敏感肌」の定義、解釈にははっきりしたものはなく、その状態によっては“コスメによるスキンケア”の範囲を超える場合も多くあります(アトピー性皮膚炎など)。ですから、「もともと・・」がどういう状態なのか、何が原因なのかが分かりませんので安易なお答えは出来ませんが、「特に寒い時期」とお話の部分だけを取り上げさせて頂きます。
皮膚は、自らの持つ“自活力”や抵抗力が落ちると敏感に反応をします。その一つの原因に肌の乾燥が挙げられます。皮膚の水分が低下すると、角質層のNMFや細胞間脂質が減少し肌のバリアが低くなるからです。
この時期はノーマルな肌質の方でも乾燥しがちですが、“敏感肌”の方はその影響が大きく、多くの肌トラブルの原因となります。
まずは肌のモイスチャーバランスを正常に戻すことが大切。それには洗顔後の保湿が最優先されます。この時期は皮脂の分泌時間が長くかかりますので、油分のしっかり入った乳液やクリームを一刻も早くなじませます。カサつくからと言って水分補給に目をむけがちですが、水分を逃がさないケアの大切さを再認識して頂きたいと思います。

No.67

割合お手ごろ価格の日焼け止めを腕にぬったら、肌がひりひりします。すぐやめるべきですよね!?敏感肌の人にもよい日焼け止めを教えてください。


顔や手になじませてひりひりしたり、かゆみ、赤みなどが出ればやはり、直ぐに止めるのが無難です。症状が激しいときは皮膚科の診断を受けてください。価格に関わらずそういう場合もありますので、アレルギーを起こしたときは皮膚科でパッチテストを受け、自分のアレルゲンを解明しておくと、以後の化粧品選びがしやすくなります。
それ程までではない場合、一般的には紫外線吸収剤によるトラブルが多く考えられますので、吸収剤を含まないノンケミカルタイプのサンケア化粧品を選ばれると良いと思います。
その中でも、肌タイプを併せてお奨めしますのは、脂っぽくニキビが出やすい場合はアクセーヌUVプロテクション。\2,500-。オイルフリーでビタミンC配合。乾燥して荒れやすい場合はアクセーヌマイルドサンシィールド。\3,000-。保湿効果のあるマイルドタイプです。白浮きしないスポーツタイプの敏感肌用としてアクセーヌミルキーサンシールド。\2,500-。顔、ボディ併用の乳液タイプです。
いずれも敏感肌を紫外線から守るノンケミカルな日焼け止めです。

No.53
今週はお寄せ頂いたご質問がありませんのでQ&Aはちょっと休憩させて頂いて・・。
「私って敏感肌だから、どんな化粧品も合わないの」というお話をよく耳にしますが、化粧品を使っていてかぶれたら、すぐに敏感肌と決めつけるのはいかがでしょうか?
化粧品かぶれはある特定の成分に対してアレルギー反応を起こすことから生じますが、全ての成分にアレルギー反応を示す人はめったにいません。ある化粧品にかぶれても全ての化粧品が合わないということではないと思いますので、トラブルの元になる成分をよく見極めれば楽しい化粧生活を放棄することはないと思います。
また、「かぶれ」の原因は使用法の間違いや、単なる肌荒れの場合も少なくありません。間違ったスキンケアがトラブルの原因となり、敏感肌と思わせていることも多いようです。
例えば、洗顔する時によく泡立ててなかったり、必要以上にこすり過ぎる、また洗顔の不足そのものが・・。更には、パフやスポンジの汚れがトラブルを引き起こすことも珍しくはありません。
肌のトラブルを全て「敏感肌」と決めつけないで、まず日常のスキンケアの方法を見直すことも必要ではないでしょうか。

No.35

敏感肌なのですがお化粧で治りますか?注意することは?


どういう症状があり、どんなお肌の状態なので敏感肌とお思いなのか分かりませんが、一般的に外界の刺激や変化に感じやすい肌を敏感肌と考えますが明確な定義はありません。アトピー性皮膚炎も敏感肌の一つですがこの場合は皮膚科での治療が優先されるべきです。季節や体調の変化でちょっとした症状が出るという場合であれば、ある程度までスキンケアで改善することができると思います。
肌は外からの刺激物質が侵入すると免疫細胞が反応し赤み、かぶれ等の防御反応が起こるのですが、これが過剰に働くのが敏感肌ですが、その原因の一つとして角質層のバリア機能の低下が挙げられます。
そこでスキンケアとしてはかぶれない化粧品でしっかりしたバリアをつくることが必要となります。炎症を鎮める成分(グリチルリチン等)の配合された敏感肌用化粧品も効果的です。また、お手入れに際しては物理的な摩擦を出来るだけ避けてください。洗顔の時には丁寧に泡立てるとか、ひとつひとつのプロセスを穏やかに、優しくしてあげて下さい。

No.30

両頬の周りや鼻が赤くて困っているのですが、どうすればいいのですか?


いつ頃からそうなのか、また赤みの原因に思い当たることはありますか?アレルギーや皮膚のトラブルが原因と考えられるのなら、先ずはお手入れを少し止めて皮膚科医での診断をお奨めします。
そうでないようであれば、水分の補給である程度鎮めることはできますし、ファンデーション等のベースメイクで目立たなくすることも出来るでしょう。
皮膚の薄い肌の場合は、お手入れのときの力の入れ加減で皮膚を刺激し過ぎて頬が赤くなる時もありますが、そんな皮膚の場合は出来るだけ優しく肌に触れることが大切ですが、鼻も赤いということですので、やはり消炎効果の高い化粧水で充分な水分を与えて、肌の温度を下げる必要があるでしょう。
いずれにしましても気長に続けて頂ければ抑えられると思いますし、またベースメークを上手に活用しましょう。

No.29

鮫肌の効果的な治し方を教えて下さい。


化粧品を扱う立場として「治す」ということに言及できないことを先ずはお断りし、考えてみたいと思います。
皮膚のターンオーバー(生まれ変わり)は古い表皮細胞の積み重ねである角質層の剥離とともに行われますが、角質層は又、正常なターンオーバーの周期をコントロールする重要な役目も担っています。角質層のもつ2つの働き「バリア機能」と「水分保持機能」が低下しますと下部の生きた表皮細胞を損傷し正常でない速いターンオーバーを促し、結果充分な機能をもたない角質層をつくるという悪循環を起こします。こうした状態が皮膚炎や角化異常疾患(鮫肌、漁鱗癬など)と言われますが、先ずは皮膚科医での受診をお奨め致します。
もし、単なる乾燥によるザラツキ感だけで鮫肌とお感じであれば、保湿効果の高い入浴剤や洗浄剤、入浴後のボディ乳液、クリーム等で抑えることができると思いますし、食生活でもビタミン豊富なものを摂取されることをお奨めします。特にこれからの季節は乾燥し、静電気も起こりやすくなり、かゆみや角質肥厚も進みがちでので、早めのケアをして下さい。

No.28

妊娠中、吹き出物が増えて困っています。化粧品を変えた方がいいのですか?


妊娠すると黄体ホルモンや卵胞ホルモンなどの女性ホルモンの分泌が増えます。その中で黄体ホルモンには皮脂分泌を抑制する働きがありますので、普通は吹き出物などが発生しにくくなるのですが、現に増えてきているということは、その原因として、妊娠という急激な体調の変化によって肌の抵抗力が弱まり、トラブルが起こりやすくなり今まで使っていた化粧品が合わなくなった可能性もあります。
けれども、多くの場合はつわり等で食生活が不規則になつたり、妊娠による過度の不安感などからくるストレスがその原因となるようです。栄養バランスや不安感などはいかがですか?
それでもやはり化粧品に原因があるとお考えならば、今どんな物をお使いかは分かりませんが、いちど敏感肌用のものに変えられるのもひとつの方法かも知れません。本来、妊娠中は新しい化粧品に挑戦することは避けたいのですが・・。いずれにしても刺激の強いものを使い続けることは避けなければなりません。
あまり過敏にならずに、一過性のものと考え、なるべく規則正しい生活と、おおらかな気分を心がけましょう。
おしろいやきき提供: おしろいやききHPに掲載の記事・写真および図版の無断転載を禁じます。
ご意見、お問い合せなどはinfo@oshiroiyakiki.comまでどうぞ。